Home > aura業務日誌

2015.01.01

施主からのメッセージ

DSC00004あけましておめでとうございます。2015年がスタートし
ました。今年も良い年になりますように。

昨年札幌の宮の森でできた住宅の施主からメッセージを頂いたのでUPします。その前に私から。。。すこし。

いつしか『施主からのメッセージ』をHPに掲載するのが恒例になり、内容も私にとってとても嬉しい文面になっているが少々照れくさい。HPはいわば”公の場”なので私の悪口など書けるわけがない。ただ書いて下さっている施主は多少大げさな表現もあると思うがちゃん考え、書いてくれているのだと思うからありがたい。
”施主が喜んでくれるものを造りたい”を第一義にしている私としては、メッセージを残してくれる施主に感謝と責任を感じる。完成後も末永く良い関係が続くよう厳しい時代だが凛と立っていたいとおもう。
施主の皆様へ。私は皆様との家造りからいろいろなことを学び経験させて頂いております。感謝しなければいけないのは私の方です。大きな会社でもない私に深いお気持ちを頂き感謝しております。今後も皆様の期待に応えられる様、努力して行きたいとおもいます。ありがとうございました。

————————————————————————————-

house@kbym ご主人からのメッセージ

『建築家との家づくり』
 
おそらく多くの人にとって、マイホームを建築家に依頼するということは、第一にコスト高を考えるでしょう。次にまるで未来の家のような奇抜な建物になるのではないだろうかという不安。なにより、芸術家と建築家の区別もつかないような私達夫婦からすると・・・
『敷居が高くて』ウチみたいな小さな家は手掛けてくれないだろうという先入観。
これらの事が邪魔をして、いざ家を建てようと思った時にハウスメーカー・工務店・設計事務所の選択肢の中から一番先に消去したのが設計事務所でした。
こうして始まったマイホーム作りの準備。
モデルハウスやオープンハウスを30件以上見て回りました。最終的に絞り込んだ工務店3社各社にプランニングしてもらい、この中から選択するというところまで来ていました。そんな時に妻から一つの提案があったのです。
「どうしても気になる設計士さんがいるんだけど、設計士さんってどうなんだろう」
「どうって・・金持ちの家じゃないんだから(笑)」
「一度、話だけでも聞いてみる事は出来ないかなぁ」
「話くらいは聞いてくれると思うけど、我が家の予算で建築家はないだろう(苦笑)」
山下さんにお会いする前に実はこんなやりとりがあったのです。
そして、とりあえず話だけでもとご足労願って話を聞いてもらったのが、最初の出会いです。(あの時電話してよかった)。

3時間ほど話した後、我が家の低予算を確認したにも係らず「私にもプランを書かせて貰えませんか」と言われた時には、正直軽く予算オーバーするだろうと思っていました。ただ、あの時山下さんが、「設計事務所は施工会社と施主さんの間に立つのではなく、常に施主さんの立場に立って施工会社と交渉する事が仕事です。予算に合わせた建物を設計し、腕のいい施工業者さんにしっかりとした工事をしてもらい、それを見守る事が仕事です。」とおっしゃった言葉に納得させられたのも事実です。

 
あれから一年。あっという間の一年でしたが、本当に楽しい一年でした。
人生の転換期には必ずそれに携わる人がいます。その出会いによって結果は大きく変わってくると言っても過言ではないでしょう。
私は、家を新築するという我が家の大きなプロジェクトの中で、山下さんに出会えた事に心の底から感謝しています。
家を造るということは生活を作るという事。こんな大切なことに気付かずに、間取りや工法や材料に気を取られ、いい家を造りたいとそんな事ばかり考えていました。

建築家と家づくりが出来たおかげで、コストは200万ほど節約出来ました。


建築家と家づくりが出来たおかげで、私達が望んだ見た目は普通で中身は高性能の高機能住宅が出来ました。
建築家と家づくりが出来たおかげで、腕のいい職人さんに施工して貰えました。
(建築家の造る家には必ず腕のいい職人が入る理由が現場を見ていて解りました)
そして何より建築家と家づくりが出来たおかげで、一生大切にしなければいけない人に出会う事が出来ました。

 

私達家族は、山下さんと私達が共に考え造った家で幸せにマッタリと暮らしています。
いつでもいらしてください。大歓迎でお迎えさせて頂きます。

————————————————————————————-


house@kbym
奥様からのメッセージ

最初に家を建て替えようと思ったのは、今から7年前のことでした。
当然素人の私は、マイホームセンターを手当たりしだい見に行って話を聞いたり「リプラン」さんの学習会に行ったりしながら、知識だけを次々と断片的に頭に入れ、結局どんなふうにして家を建てれば良いのかどんどんわからなくなり、3~4ヶ月程猛烈に勉強した後に疲れ果てて、家を建てることを断念しました。
 
6
年経って、家を建て替えなければならない事情ができ、中古マンションでも買おうかと思いながらまた同じことを繰り返し、更に地場の工務店さんのオープンハウスも手当たりしだい見て回りました。
ネットでいろんな工務店さんのことを調べているうちに、建築家の方のホームページなどを目にする機会がありました。
その時ふと目に留まったのが、「車椅子対応住宅」を手がけている山下さんでした。「車椅子の方のための家を設計する方なんだから、きっと優しい方なんじゃないかな。」「穏やかそうな方だな。」と思ったのと、何だか私が今までお会いしたり雑誌で見た建築士さんとはちょっと違う感じがするなぁと思いました。

建築士さんに設計をお願いすると、建物を立てる費用とは別に設計費がかかることくらいは知っていたので、予算が限られている私には難しい選択肢であることは承知していましたが、「ダメモト」で電話くらいしてみてもいいかなと思い、暮れも押し迫った時期にいきなりお電話をしました。

家の建て替えを考えていること、予算のこと等を話し、多くの質問をしたように思いますが、面倒がらずに一つ一つ丁寧に答えてくださいました。そして、「一度お会いしてお話しませんか。」とおっしゃってくださいました。

FAX2度ほどいただいたあと、自宅に来てくださいました。夫と二人でお会いしたのですが、あっという間に私達は山下さんのお人柄に魅かれ、「こんな方にお願いできたらなぁ。」と思ってしまったのです。「建築士さんに設計をお願いしたら、建て替えにかかる総費用はその分必ず高くなる」とも思いましたし、予算が限られていた私達には「分不相応」な気がしていましたが、「そんなことはないんですよ。」と丁寧に説明してくださり、2度お会いした後だったと思いますが、「私も是非家作りをお手伝いしたいという気になりました。」とうれしいお言葉。「信頼できる工務店さん」を一生懸命探していた私達でしたが、「信頼できる建築士さん」にお願いするという選択肢が一気に浮上しました。

 

建て替えの時期がある程度決まっていたので、そこから頻繁に打ち合わせを行いました。

年齢的に若くはない私達夫婦のこれからを考え、狭い土地にもかかわらず、1階に居間と寝室と水周りを全て入れ込むという難しい要望に対して、何度も持ち帰っては様々な提案をしてくださいました。私達なりに介護も想定して間取りを考えていたつもりでしたが、より現実的な生活空間をイメージして「確かに!」と思える配置を考えてくれました。

また、「2階に小さくてもいいので、気持ちの良い縁側のようなフリースペースを作りたい」という私の長年の夢があったのですが、「すぐに使わない部屋のために空間を細かく区切るのではなく、しばらくは広いスペースにして使い、必要になったら壁を作ったら?」と言ってくださり、結局、家に来た方みんながため息をついてくれるような、とても明るく開放的なフリースペースが出来上がりました。
小さな小さな我が家ですが、人が集まってちょっとしたパーティができる、家の中で一番自慢の素敵な空間ができました。

着工した後も、何度も何度も「もう、だめかも。」と思うような難題がいくつも持ち上がりましたが、どんな時もいつも山下さんは冷静で、「大丈夫ですよ。何とかなります。何とかしましょう!」と、心強い言葉で励ましてくださり、きちんと解決していってくださいました。
1
2階合わせて30坪しかない小さな家で、しかも予算が限られていましたが、無事に私達の「終の棲家」が出来上がりました。次は、息子の時?!叶ったらうれしいですね。

2014.12.16

『シゴト』について

C-01-IMGP2456c
■アウラ建築設計事務所の『シゴト』

・一般住宅、店舗、医院等、集合住宅・・などの「設計」及び「工事監理」

・車椅子や高齢者に対応した福祉住宅の「設計」及び「工事監理」

・その他、土地探しの相談、サイン等のデザイン

※それぞれの建築で、ローコスト住宅、・長期優良住宅、フラット35などの仕様にあわせた設計も可能です。

※新築・改築・リフォーム等の種別や、規模の大小、予算の多い少ない、などの区別ありません。どんなコトでもご相談ください。

■『シゴト』をする上で大切にしているコト

・「設計」や「デザイン」はクライアントと共に考え、設計を進める事ることを大切にしています。

・『シゴト』は大きなものばかりではありません。規模が小さくとも、予算が少なくとも、頂いた仕事を大切にしたい。どんなことでもお気軽にご相談くだされば幸いです。

・車椅子対応住宅や高齢者住宅などの設計は、手摺や福祉器具などを意味なく多様しません。住宅は医療施設ではありませんから落ち着いた空間を保ながら必要最低限の設備とし、将来への備えをどの程度にするかご家族の皆さんと考え進めます。ハード(建設)を整える事も必要ですが、ソフト(気持ちや考え方)の整理も重要と考えております。

・当事務所は設計事務所ですから工事はできません。設計と施工が分離しているからこそ設計者は施主の側に立って、建設プロジェクトを取り巻くいろいろな事柄に対峙できる。そのことを自覚し行動する。

■設計の進め方
↓土地探しお手伝い(アドバイス)
↓基本計画
↓基本設計
↓実施設計(本設計)
↓工事見積(工事業者に依頼)
↓建築確認申請
↓工事監理(建築工事)
↓アフター
※スケジュールなど、その都度違いますので、ご相談頂いた際に詳しくご説明させて頂きます。

■設計監理料について
・設計監理料の目安は、概ね総工事費の10%程度ですが、工事内容や設計の進め方などで変動があります。ご相談頂いた際に詳しくご説明させて頂きますので、どんなことでもお気軽にご相談下さいませ。

■設計監理料支払いのイメージ
  1回目(設計契約時) : ご契約頂いた際に 1/4
  2回目(本設計開始時):
計画が終了し、本設計(実施設計)がスタートする際に 1/4
  3回目(工事着工時) : 
工事業者と契約を交わし、工事が始まる際に 1/4
  4回目(建物引渡時) :
 建物の引渡しが完了した際に 1/4程度(設計料の増減分を精算)

お支払い回数など、工事内容や設計の進め方などで変動がある場合があります。ご相談頂いた際に詳しくご説明させて頂きますので、どんなことでもお気軽にご相談下さいませ。

■設計費・工事費以外に費用が発生するもの
※ご契約前の相談等の料金は基本的に頂いておりません。

建築工事に想定される別費用として以下の項目があります。
・建築確認申請費(確認申請、中間検査、完了検査)
・各種任意保障費用(地盤保障、住宅完成保障など)
・地盤調査費
・敷地測量費
・移設・解体費
・地鎮祭、上棟式等の式典費用
・既製家具代
・カーテン代
その他敷地条件や建築条件により発生する場合があります。  

2014.11.18

札幌市 地下出入口

DSC_0075
札幌市大通り公園にある地下街出入口。あまりの美しさに携帯でパシャリ!
大通り公園周辺ではデザインされた出入口の整備が進んでいる。この写真の出入口は白く塗られた鉄骨をグリッド状に組んでいるが、それぞれの部材を曲面で仕上げているので複雑だがとても柔らかい。まるで博物館で恐竜の化石をお腹の中から見上げている感じ。

 

2014.05.29

札幌人図鑑で福津さんとお喋りしました。

福津京子さんがminiに乗って事務所にやってきた!!

話しているときがとってもチャーミングな福津さん。彼女の事を知っている人は皆さん笑顔で彼女の話しをする。
そんな彼女と少しの時間でしたがお喋りしました。

良かったら見てください。

「札幌人図鑑」:札幌でご活躍の方を、1年365日毎日配信する漢方型メディア
http://sapporojinzukan.sapolog.com/e418518.html

福津京子さんのブログ:http://kyokofukutsu.sapolog.com/
インタビュアー。コミュニティーFM放送局長を経て2012年4月に独立。
札幌の魅力ある人材を動画で毎日配信するのがライフ&ライスワーク

2014.05.20

藻岩高校 テニス部

藻岩高校テニス部img_5
近所にすごいテニス部があるのでご紹介。

私の事務所は札幌冬季オリンピックが開催された真駒内にあり、とても緑豊かな街で大好きだ。
近所の情報を検索していたら「札幌藻岩高等学校のテニス部」にたどりつき、気になったのでつらつら調べてみた。
北海道の高校テニスの名門校”らしいが、ネットによると「日本一テニスが強い公立高校」と紹介されている。
テレビで活躍している”小泉チルドレンの杉村太蔵”さんはこの高校で全国優勝していた。

上の写真は九国大付高テニス部のブログで見つけたものだが、一年中外でテニスができる自分たちの環境に感謝しよう”というコメントに、同じ北海道に住む私も感動した。

がんばれ!藻岩高校テニス部!!

2013.03.01

ある日の真駒内

先日の清々しい朝の真駒内の写真です。

今日はaura activity/建築写真鑑賞会です。お陰さまで満員御礼!!
満員どころか入りきるか微妙なほど。
今日は暖かく、足元がゆるくなっているので気をつけて来てください。
DSC00004P2120002

2012.09.28

「車椅子 対応 住宅」ー介護リフトー

P7210032
お風呂に設置する介護リフトの体験試乗。
アームの関節が複数あり狭いスペースでも自在に稼働する。

設置方法は後付けが一般的とのことだが今回は新築なので
工事段階から天井裏に下地を補強し、防水対策など
メーカー・施工店・建設会社と協議し施工することにしました。

これでお風呂に入ることが楽になりましたね。

2012.08.25

『車椅子 対応 住宅』-トイレ2-

便器を選ぶ際のポイントを書いてみます。※ここでは気をつけるポイントのみを書きます 。

下の写真はお持ちのキャリアと購入予定の便器の関係をメーカーショールームに確認しに行った時のものです。当初選んでいた新しいデザインの便器にはキャリアの幅が狭く、正しい位置までセットできないことが判明。

P7210018

直ぐ、正しい位置まで入る便器を見つけたのですが、次は便器カバーがキャリア手摺に当たりスムーズな出入りが出来ない、
P7210019

立てた便座にキャリア背もられが当たり、体をあずけることが難しい。。。など、つぎつぎに問題を発見する事が出来ました。
P7210020

ウォッシュレットは便座に座った状態をセンサーが感知しシャワーを使用することができますが、キャリアに乗ったままではセンサーが作動しません。解除モードがあるか確認しましょう。
また、シャワーとお尻の高さ関係も確認が必要です。
P7210021

今のキャリアは身体に合わせスマートになってきているそうです。
便器とキャリアワイドの確認は必ず行いましょう。
P7210022

身体の特徴は皆さん違いますし、キャリアなど使用している器具も多様しています。
小さなこともスルーせず注意深く確認し、使いやすい方法を見つけることが大切です。

2012.08.17

『車椅子 対応 住宅』-トイレ-

P9090016
クライアントが入院されていた病院のトイレ。
左右の手摺の他、前かがみになる為の前方手摺も設置して、ありとても便利そうですね。

手摺以外のポイントは2つ。

1つ目は、背もたれがある事です。
写真の便器はタンクレスですので壁から離れている事が見て分かります。もし背もたれが無ければ後方に倒れてしまいそうですね。住宅で普及しているタンク付便器はタンクが背もたれの代わりになってくれますから多少安心感があります。最近ではタンクレス便器もどんどん普及していますので注意が必要です。

2つ目は、移乗用ベッドが設置されていることです。
これは車椅子などを利用する方が、ご自身の力で車椅子から便器に移乗する際に使用するものです。もちろん介助の方がいてくれる場合も便利で安心です。

一見、とても使いやすそうなトイレですが、今一度ようく観察してみて下さい。
体の不自由は千差万別。似ているようで皆さんとても個性的です。
誰にでも使いやすいトイレとは、言い換えれば”誰にでもフィットしきれないトイレ”です。
公共トイレはともかく、ご自宅のトイレやお風呂などはお住まいになる方に合った機能を、慎重に考え造りたいものです。

2012.01.31

真駒内小学校 今春閉校

真駒内小学校は札幌オリンピック(1972年)開催の11年前、小学校のモデル建築として東京大学工学部の先生が設計し、全国的にも注目されるなか、1961年(昭和36年)に開校しました。
これまで約50年の間、地域と共に歩んできましたが、この春に閉校する事になりました。
 
真駒内では、地域住民の方々が閉校あとの利活用の方法を考えるている
真駒内小学校3

真駒内小学校2

« Previous | Next »