Home > aura業務日誌

2013.10.17

模型をつくる-完成 (高齢者住宅・車椅子住宅)

以前、模型製作中の住宅を紹介しましたが無事完成したので、ちょっとお披露目。

クライアントはとても素敵な女子3人と猫。
末永く住んでもらえたらいいな、と思っている。
A-01-IMGP2154c_1B-03-IMGP2435cC-01-IMGP2456c以下、アウラHPより。。。
[車椅子対応住宅 設計 / 監理]

施主である お母さまはマラソンと洋裁が趣味。趣味といってもフルマラソンにも出場する本格派。娘さんは勤務のほか、いくつもライブをこなすジャズシンガー。お祖母さまは、
足腰が弱くなったもののお散歩が大好きなお洒落でにこやかな女性。

このプロジェクトは、お祖母さまと娘(お母さま)そして孫娘の、個性的な女性達の為の住宅です。

-モビリティハウスの試み-
この住宅は、もう直ぐ介助そして介護が必要になるであろう お祖母さまを、娘と孫娘で支えていこうとする“心構え”の整った、ご家族の為の住宅です。設計打合せはいつも楽しく気持ちの良い会話の中に、凛とした女性の姿勢を感じながら進めていました。

特に大げさなモノはありません。只それぞれの関係を整理し、少しだけスペースにゆとりを持たせています。所謂バリアフリーと言われる常識からするとタブーではありますが、和室が高くなっています。これはお祖母さまが腰掛けるのにちょうど良い高さ。ここに腰掛けると仏壇や庭を眺められ、TVを見ながら娘達が家のどこにいても会話が出来ます。将来、本当に必要になったら、お祖母さまの部屋に隣接するWCLを改修し、トイレに改修できる様に計画してありますし、勿論、車椅子で娘達とお散歩出来る様、お部屋からストレスなく外出できるレベル処理をしています。

車椅子や高齢者住宅を建てようとすると機能を求めハードな事ばかりに気が行ってしまいますが、介護する側と受ける側、そして家族間の関係整理もとても重要です。
お好きな庭の花を眺めながら、娘や孫娘といつまでも楽しいお喋りが出来るといいな、と思い設計しました。

2012.10.17

「車椅子対応住宅」ー完成間近 2ー

リビングにキッチンが登場!!

キッチンを製作してくれたウェーブの富田さん、本当にありがとう!!
PA170006

何度も何度も書き直した図面は何枚だろう。

P9200024

クライアントが今使っているキッチンを細かく観察しメモをとる。
僕だけだったら気付かない調理の細かな部分まで考えてくれ、感謝です。

P9200025

バックカウンターも合わせ、良いキッチンができました。

給排水管など接続は”男” やっぱり力仕事は男子の仕事ですね。
PA170013
キッチン1つとっても沢山の方々が関わってくれています。

トイレもちょこっとお披露目。 最終段階です。
PA170003

良い家になってきました。空気も気持ちが良い!!

2012.10.05

「車椅子対応住宅」ー完成間近ー

モビリティハウス 、まもなく完成。
PA030002
内部は家具工事を残しほぼ完成。足場も外れ外観を表した。
デザイン重視のインパクトのある外観ではないが私はとても気に入っている。
優しくて凛と立っている感じが好い。
材料やディティールはこだわったので近づくとつい触りたくなる。
来週から外構工事が始まり植栽が加わればもっと良くなると思う。楽しみだ。

バリアは建物の中だけでは無い。下の写真は歩道縁石の段差。3センチ程ある。
これでは細部まで気を遣って創った住宅の中に入れないではないか!
と戦闘モードで役所に掛け合いにいった。
始め素っ気ない対応だった担当者に住宅の性格を説明したところ気持ちよく
縁石の取り替えを許可してくれた。
頭が硬いと決めつけずちゃんと説明するコミュニケーション力があれば道は開けますね。

P7150030

繰り返しになるが、私はこの住宅がとても好きだ。控え目だがきちっとしたポリシーを持ち、スッとそこに立っている。内側は包み込む様なゆとりがある。
そう…クライアントに似ている。

2012.09.28

「車椅子 対応 住宅」ー介護リフトー

P7210032
お風呂に設置する介護リフトの体験試乗。
アームの関節が複数あり狭いスペースでも自在に稼働する。

設置方法は後付けが一般的とのことだが今回は新築なので
工事段階から天井裏に下地を補強し、防水対策など
メーカー・施工店・建設会社と協議し施工することにしました。

これでお風呂に入ることが楽になりましたね。

2012.08.25

『車椅子 対応 住宅』-トイレ2-

便器を選ぶ際のポイントを書いてみます。※ここでは気をつけるポイントのみを書きます 。

下の写真はお持ちのキャリアと購入予定の便器の関係をメーカーショールームに確認しに行った時のものです。当初選んでいた新しいデザインの便器にはキャリアの幅が狭く、正しい位置までセットできないことが判明。

P7210018

直ぐ、正しい位置まで入る便器を見つけたのですが、次は便器カバーがキャリア手摺に当たりスムーズな出入りが出来ない、
P7210019

立てた便座にキャリア背もられが当たり、体をあずけることが難しい。。。など、つぎつぎに問題を発見する事が出来ました。
P7210020

ウォッシュレットは便座に座った状態をセンサーが感知しシャワーを使用することができますが、キャリアに乗ったままではセンサーが作動しません。解除モードがあるか確認しましょう。
また、シャワーとお尻の高さ関係も確認が必要です。
P7210021

今のキャリアは身体に合わせスマートになってきているそうです。
便器とキャリアワイドの確認は必ず行いましょう。
P7210022

身体の特徴は皆さん違いますし、キャリアなど使用している器具も多様しています。
小さなこともスルーせず注意深く確認し、使いやすい方法を見つけることが大切です。

2012.08.17

『車椅子 対応 住宅』-トイレ-

P9090016
クライアントが入院されていた病院のトイレ。
左右の手摺の他、前かがみになる為の前方手摺も設置して、ありとても便利そうですね。

手摺以外のポイントは2つ。

1つ目は、背もたれがある事です。
写真の便器はタンクレスですので壁から離れている事が見て分かります。もし背もたれが無ければ後方に倒れてしまいそうですね。住宅で普及しているタンク付便器はタンクが背もたれの代わりになってくれますから多少安心感があります。最近ではタンクレス便器もどんどん普及していますので注意が必要です。

2つ目は、移乗用ベッドが設置されていることです。
これは車椅子などを利用する方が、ご自身の力で車椅子から便器に移乗する際に使用するものです。もちろん介助の方がいてくれる場合も便利で安心です。

一見、とても使いやすそうなトイレですが、今一度ようく観察してみて下さい。
体の不自由は千差万別。似ているようで皆さんとても個性的です。
誰にでも使いやすいトイレとは、言い換えれば”誰にでもフィットしきれないトイレ”です。
公共トイレはともかく、ご自宅のトイレやお風呂などはお住まいになる方に合った機能を、慎重に考え造りたいものです。

2012.07.28

『車椅子 対応 住宅』-西区の家-地鎮祭

P6200001

車椅子住宅の建設がスタートした。

当日の予報は大雨。朝からずっと降っていた雨が地鎮祭の間だけ上がってくれた。
”こんな事あるんですね” みなさん口々に話しているほど瞬間的に雨が上がった。
神様がおりて来たのでしょうか。

上の写真は、敷地の真ん中まで伸びた仮設の通路。
P6200003
この日、奥様は初めて敷地の中まで入りました。
小さなお子様と”こんな風に見えるんだ”と嬉しいそう。

2011.09.21

『車椅子 対応 住宅』-モビリティハウスの試み-西区の家

ご夫婦とお子様、ご両親の為の 『車椅子対応住宅』 の設計がスタートした。

私の仕事は土地探しから始まるケースが多いが、今回も土地の選定からプロジェクトはスタートした。

設計はまだ始まったばかりだが、入院中の奥様を訪ね美唄へ・・・担当の先生のお話しを聞きながらリハビリ中の奥様の動きを確認をさせて頂いた。

退院後の生活が少しでも快適に過ごせる様に、
『美しく・機能的な建築』を目指し、仕事をさせて頂こうと思っている。

完成は1年後。
私と一緒に”設計する事をを楽しみたい”と言って頂いた。とても嬉しく、そして重い責任を感じる。期待に応えなくてはならない。

08

2008.10.19

高齢者・身障者 対応キッチン

56-1身体的にハンディーをもたれているクライアントと高齢になられたお母様の為のリフォーム(高齢者・身障者 対応キッチン)が完成しました。
キッチンリフォームは体のサイズに合わせ高さを調整、調理動作も検証したうえで特別に製作、キッチン本体の交換に合わせもともと中途半端なスペースであった仏間コーナーをリビングに取り込み広々とした空間を創りました。
身体的ハンディーを考慮した機能的(ハード)な改善とともに、空間に余裕を持たせ少しだけ刺激的な色使いで活力を取り戻して頂きたいと感覚的(ソフト)な配慮にも気を配っています。

『障害者の呼び方について』

障害者の方の呼び方について、こんなものを見つけましたのでご紹介いたします。

*****************

『障害者の呼び方について』

 最近、障害者の「害」をひらがなで書くことが多くなりました。
「害」をひらがな読みの「障がい者」からはイメージは、いかにも「社会はあなたたちを害だと思っていませんし、差別もしていません」といっているように、逆に抵抗がある方も少なくありません。

 障がい者には、同意語として「障碍者」などがあるようですが、確かに、「害」の文字はいかにもと表現されていて、ネガティブなイメージがありますし、実際、ネガティブな意味で付けられたものでしょう。
 しかし、長年の言葉であり、身障者(身体障害者)自身でも「障害者」と表記することもあるくらいですから、「害」そのものにあまり神経質になることも無いかも知れません。

 一方、「害」の文字表記をやめて、全く違う表現をしている人たちもいます。
 代表的なのは「チャレンジド」で、これは英語から来たものですが、あまり浸透していないようです。
 意味は読み取れますが、、一般的にはメジャーになってはいません。英語の辞書で「障がい者」を引くと「Disabled」が一般的な英訳です。これもネガティブな言葉です。ちなみに中国語ではどうでしょう?「残疾人」だそうです。

 さて、一市民として生きていくことは、厳しい状況にある「障がい者」です。「学ぶ、働く、生きる」という基本的なことを、障害者はまだまだ獲得できていないのが今の世の中で、「害」をひらがなで表記する「障がい者」という言葉だけが先行していては、当事者には「空虚の感」が残ると思います。

「バリアフリー」「ハートビル」「ユニバーサルデザイン」などの英語表記の言葉もある意味では、同じです。

 障がい者が利用できる=誰でも使いやすい

 私はハード面ではこのように考えていますが、実際、障がい者の方々の願いは、先に書いたように「学ぶ、働く、生きる」という基本的なものなのです。「障がい者がビルに行くことができても、そのビルには障害者の仕事はありません」では、せっかくの「ハートビル法」の本来の目標には達しません。

 「自立したい」とは、障がい者はみんな思っていますが、その要件を満たせる人はまだまだ少数ですから、行政や国は実態を見て、ほんとうの実行ある「自立支援制度」を作らなくてはならないのです。

 障がい者に「害」を与えているのは、整合性のない制度のためであり、社会参加の機会を失わせているのが、今の日本の福祉の「害」なのです。

     2007・8・3   芦屋市議会議員 長谷基弘 さん

« Previous | Next »