Home > auraアクティビティ

2009.11.05

セミナー「地球環境問題と私たちの暮らし~新エネルギーに挑戦」

持続可能なまちづくりの最大テーマである地球温暖化とその対策としての新エネルギーのホットなお話です。

日時:11月7日(土) 13:30~16:30 場所:生涯学習センターちえりあ6F講堂

プログラム
□一部:「地球環境問題と私たちの暮らし」
講演:菅井貴子(フリーキャスター・気象予報士) 
知っているつもりで実は曖昧な地球温暖化のいろはについて、札幌の気象データをベースにわかりやすく解説していただきます。

□二部:新エネルギーの実践
大友詔雄(NPO法人北海道新エネルギー普及促進協会) 
地球環境問題解決のために私たちができることは何か。今回は木質ペレットストーブについてレクチャーしていただき、ストーブやペレットの実物も展示します。
長岡忠正(一般社団法人 北海道太陽光発電普及協会) 
太陽光発電のメリットや具体的なプロセス、補助制度などについての解説。設置に関して個別相談も受けつけます。

主催:財団法人札幌市住宅管理公社 共催:NPO法人人まち育てI&I(Inspiring Initiatives)

2009.02.02

auraセミナー 終了

62-1坂本純科さんのセミナーが終了しました。

申し込みが20名となり、参加して頂いた方々には窮屈な思いをさせてしまいました。
でも企画サイドとしては、短い期間の周知だったのにも関わらず参加者がとても
多かった事は、皆さんの環境への関心の高さを感じます。 ありがとうございました!

純科さんのお話は、今後私達が向かう新たなライフスタイルを示してくれていると思います
建築を考える者として思うことは、エコロジーは現代文明を否定する運動ではなく、
培った技術を駆使し、環境と共生する「ハイブリットなライフスタイル」を手に入れる為の
新たな挑戦なのだと思います。
太陽光や風力・地熱など自然エネルギーを利用出来る高い技術と、物を大切にし
地球(環境)と共に生きる生活観はニホン人は昔から得意としていた事だと思います。 

62-3高い技術に支えられ、地球に共生するものに優しく、質の高い生活をする事はとても
贅沢な事です。
私達はしっかりと文化を守り・育て、次の世代が十分に新たな知識を発揮できるよう
繋いで行きたいものです。

時代はすでに変わりました。私達は何をしなければならないのか、何が出来るのか。
スタートのピストルはすでになっています。出遅れないように!!

2009.01.14

auraセミナー

英国トランジションに学ぶ「脱石油時代のまちづくり」・・・講師/坂本純科さん:http://ecovillageliving.blogspot.com/

化石燃料に頼り、グローバルな経済に支えられた私たちの生活は、知らず知らずのうちに他者に依存したり搾取したりすることを避けられません。ポストピーク(脱石油時代)を迎えるにあたり、自立的で持続的な社会を今から準備することは急務です。ヨーロッパでは歴史のある「エコビレッジ」また最近英国で急速に広がりつつある新たな環境市民運動「トランジション」など欧州の取り組み事例に学びながら、北海道独自の持続可能なまちづくりを考えてみませんか。石油のない新しい町は無駄がないだけじゃなく、今よりもっと楽しくていいかも?!

2008.12.11

12/6 auraセミナー終了

58-112/6
アウラすまいのセミナーが開催されました。

2008.12.01

auraセミナーのご案内

57-1aura すまいのセミナー

高齢化が進む社会の中で、私たちの「住まい方」も、より基本的なところから見直しが必要な時代になっています。   身体的に不自由になっても住み慣れた自宅に住み続け、家族と愛着をもって長く暮らし続ける為にはどうしたら良いのか、皆さんと考えてみませんか。

注目が集まる「サスティナブル住宅」や、聞きなれた「バリアフリー住宅」について、サロン形式でお茶とお菓子を楽しみながら、わかりやすくお話しします。 リフォームを考えている方、または新築を考えている方も、そうでない人もお気軽にご参加ください。

2008.10.05

「aura open officee(秋)…発表会」報告

53-2発表者・参加者あわせ20名でした。ありがとうと言うかホントご苦労様でした(笑)

東海大・吉村先生のお陰で名久井さん・後藤さんが来てくれました。吉村先生がご都合で欠席されましたが代わりに服部先生がお見えになり学生の発表に合格点を頂きましたね。服部先生は帰り際、「次は僕がやります」と宣言してお帰りになった事、ちゃんと覚えています。服部先生楽しみにしています(笑)

53-3石原さん・澤田さんありがとうございました。それから飛び入りで旅人遠藤さんが2年におよぶ世界旅行の話しをスライドとあわせ発表してくれました。
東田さん、小熊邸クラブの話し、ありがとうです。ボランティアの話し、盛り上がりましたね。
美味しい食事を用意してくれた中道さん。とっても美味しかったですよ。  ボランティアスタッフをかって出てくれた千野さん・藤本さん・笹原さん、感謝です。また頼みますね(笑)

皆さんのお陰で大成功でした。

2008.09.05

「aura open officee(秋)…発表会」 

昨年やった、『お祭り』を今年もやろうと準備していましたが、思わぬハプニングに見舞われ断念しました。参加の連絡を頂いていた皆さん、ごめんなさい。やっと落ち着いて来たので懲りずにまた何かしようと思い立ちました。
今回はお祭りがないので、皆さんの活動発表や自己PR、宣伝の場にしたいと考えています。  

■「aura open officee(秋)…発表会」 
■日時:平成20年9月6日(土曜日)    
■予定イベント: ※現在も募集中です※
 ○:東海大学 吉村ゼミナールの活動報告
   国際文化学部国際コミュニケーション学科 名久井さん   
  『旧道茶屋での活動報告 』

 ○活動写真:石原さん
  『国際交流活動 』『DIG活動』『建築士会活動』

 ○演劇…あれこれ話し:澤田さん
  『演劇の世界~この秋お勧めのお芝居から札幌市の劇場事情まで』

 ○旅行写真:石原さん
  『アメリカ旅行~ライト作品』『スペイン旅行~ガウディ、ミース作品』『広島旅行~錦帯橋、尾道の町並み、実物大戦艦大和』

2008.03.17

ペレットストーブ講座終了


47-2
47-1

3/1、ペレットストーブ講座が開催されました。 当日は小雪の降るあいにくの天候でしたが、外では実物のペレットストーブを実際に燃やして、操作方法や熱さを体験しました。 講座では、ペレットが地球の温暖化防止に有効なエネルギーである事やその種類と特徴、気になる燃費など興味深いものでありました。質問が飛び交い、ペレットストーブに対する関心の高さを感じられた2時間、参加された14名の皆様、ありがとうございました。 炎の見える生活で、どうぞ豊かな暮らしを実現させて下さいね。

2008.03.11

電気をめぐる旅-4

46-1電気をめぐる旅-第4回目が終了しました。
この旅に同行して頂いた皆様、ありがとうございました。  buon viaggio.

2008.02.20

2/28 auraセミナーのご案内

45-1暮らしのデザイン夜学-その4
「電気をめぐる旅~LOVEゲリラ大作戦」

去年の12月から始まった、この「電気をめぐる旅」シリーズ。1回目は、原子力発電所の事故で傷ついた村の人々を通して、2回目は、原発のウラに隠された、公表されない数々の事実を通して、3回目は、原発に頼らなくてすむ自然エネルギーの取り入れ方を通して、”命と引き換えの発電方法”である原発を卒業するために重ねてきた夜学もいよいよ最終回。
今回は、「CO2を出さないクリーンなエネルギー」と、今モーレツにコマーシャルされている原発やプルサーマル計画の恐ろしい実情について今一度検証し、参加者一人一人が”LOVEゲリラ”となって、”ほくでん”に対してみんなでラブレターを書く、というアクションをしたいと思います。
————————–
● 開催日: 2008年 2月28日(木)
● 旅のガイド: はらみづほ さん (フリーランスライター)

« Previous | Next »