家づくり


a07925c8-s
■アウラ建築設計事務所の『シゴト』

仕事の種類
・一般住宅、店舗、医院などのほか、
 足腰の弱い方に配慮した『車椅子対応住宅』
・その他、土地探しの相談

※「計画」・「設計」・「工事監理」
※「ローコスト住宅」・「長期優良住宅」・「フラット35」
 などの仕様にあわせた設計。
※新築・改築・リフォーム等の工事種別や規模の大小、
 予算の多い少ない、などの区別ありません。


『セカンドオピニオン』としての役割への期待。
建設にあたり、『セカンドオピニオン』的な対応を期待されるケースが多く寄せられます。
例えば、
『車椅子対応住宅』など専門性の高い建築では基本プランがとても大切なので、
基本設計とその後のアドバイスをお願いしたい。
設計施工で発注したいが建設会社に全てをお願いするのではなく、
図面チェックや工事のチェックをお願いしたい。
といったご要望があります。
※実施設計業務(本設計)がありませんので、設計料の負担も小さくなります。

『シゴト』をする上で大切にしているコト。
・車椅子対応住宅や高齢者住宅などの設計は、手摺や福祉器具などを意味なく多用しません。
住宅は医療施設ではありませんから、落ち着いた空間を保ちながら必要最低限の設備とし、将来への備えをどの程度にするかご家族の皆さんと考え進めます。
ハード(建設)を整える事も必要ですが、ソフト(気持ちや考え方)の整理も重要と考えております。


<<< 以下は他の設計事務所と大きくかわりません >>>

設計の進め方
↓土地探しお手伝い(アドバイス)
↓基本計画
↓基本設計
↓実施設計(本設計)
↓工事見積(工事業者に依頼)
↓建築確認申請
↓工事監理(建築工事)
↓アフター
※スケジュールなど、その都度違いますので、ご相談頂いた際に詳しくご説明させて頂きます。

設計監理料について
・目安は概ね総工事費の10%程度ですが、工事内容や設計の進め方などで変動があります。

設計監理料支払いのイメージ
1回目(設計契約時) : ご契約頂いた際に 1/4
2回目(本設計開始時): 計画が終了し、本設計(実施設計)がスタートする際に 1/4
3回目(工事着工時) : 工事業者と契約を交わし、工事が始まる際に 1/4
4回目(建物引渡時) : 建物の引渡しが完了した際に 1/4程度(設計料の増減分を精算)

お支払い回数など、工事内容や設計の進め方などで変動がある場合があります。


設計費・工事費以外に費用が発生するもの
※ご契約前の相談等の料金は基本的に頂いておりません。

建築工事に想定される別費用として以下の項目があります。
・建築確認申請費(確認申請、中間検査、完了検査)
・各種任意保障費用(地盤保障、住宅完成保障など)
・地盤調査費
・敷地測量費
・移設・解体費
・地鎮祭、上棟式等の式典費用
・既製家具代
・カーテン代
・その他、敷地条件や建築条件により発生する場合があります。