2019.11.25

住宅づくり と まちづくり

真駒内に事務所を構えたのが2012年。17年が経過した。
東京から札幌に来て真駒内の街を始めて訪れた時に、子供が出来たらここに住もうと決めたほどこの街が好きになった。
幹線道路が真駒内の住宅街を通過していないので高速で街を流れる車が少ない。安全で落ち着いた環境となっている。その割に地下鉄駅やバスターミナルがあり移動には不便しない。不便どころか私自身はとても移動に便利な場所と思っている(それぞれ感じ方が違う様ですが)。豊平川の土手を自家用車で走れば大通りまで20分。
真駒内には区役所や区民センター、南郵便局と言ったサービス機能もしっかりある。
街中には用水路が流れ、遊歩道がいくつも通りをつないでいる。秋には紅葉が鮮やかに街を飾り、冬には子供をそりに乗せた親子が行く。

この街に住み22年ほど経ちお友達も増えた。

現在、真駒内駅前の再開発計画が進むんでいるが、住民の仲間たちは ”自分たちの街の事だから一緒に考えたい”
と言って「真駒内駅前のまちづくりを考える会」を立ち上げ活動している。

まちの事について喧々諤々。


時には酒を酌み交わし、お菓子を食べながらそれそれの思いを聞き、まちに対する思いや視点の違いを認め合いながら、関係を築いていこうとするエネルギーに感心する。



”まち”をフィールドワークとしている方やそこに住む方々から学ぶことは非常に多い。
特に私の仕事である住宅設計において、まちづくり活動は勉強の場であり実践の場だ。

まちに住む方はとても多様。遊びに夢中な子供たち、部活やオシャレ・恋に夢中な学生達、独身である事を楽しむ若い社会人、子育てに戸惑う若夫婦、子供たちの成長を楽しむおじ様おば様、残りの人生を豊かにしたいと願うおじいちゃんとおばあちゃん。
社会性からみるともっと複雑になる。社会サービスを受ける市民、仕組みを考える行政・・・・網の目の様に絡む企業サービス。

世代や男女の違いの多様性や、生きる為に必要な社会的仕組みを理解するのはとても難しいが、住宅を設計するなら街の営みや仕組みの実態を知るべきだ!。

住宅設計をシステマチックに、またはビジネスと捉えサクサクとこなそうと考えるならそれ自体間違えである。
設計者としてまちづくりに関わる事で得る経験はお金を払ってでも得る価値がある。
知識として学ぶことも必要だか、経験することでしか設計に反映出来ない事は多い。

2019.10.17

東京農業大学庭球部 訪問

私はテニスが好きなのですが、なかでも学生テニスが大好き。
テニスはメンタルが重要なスポーツですが、まだまだ大人になりきれない学生達はその時の精神状態や性格がプレイにそのまま出る事が多く観ていて面白い!

この夏、東京に行く機会があったので世田谷にある「農大庭球部」を見学させてもらった。
農大庭球部は今年で115年の歴史があるとの事。(大学は今年で創立128年目だそうだ)
北海道人の私にはとんでもない年月に感じる。

noudai-01
この日は試合をしていました。試合前の様子。

noudai-02
noudai-03
応援開始。応援前に校歌を歌うなんて農大らしい。東京には多くの大学がありますが校歌を歌うのは珍しい様です。

noudai-04
円陣

noudai-10
1年生はダッシュで持ち場に移動。

noudai-11
選手挨拶。北海道ではあまりみませんが、挨拶する時は上着をパンツの中に入れるのが伝統。

noudai-13
先ほどまでのリラックスした感じがなくなり、キリっと切り替わりました。試合開始。

noudai-15
noudai-16
noudai-17
試合後、先生からお話しを受けている様子。

noudai-20
最後にカメラ目線で勝利のポーズをくれました。農大はとても明るいですが、試合になるとさすがにキリリとします。関東大学リーグ3部との事で強豪には一歩届きませんが、先生や一般観戦者への配慮やコート内でのきびきびとした行動は伝統から来るのか、と感心しました。

noudai-21
東京農業大学:
明治24年(1891年)に徳川育英会を母体とした私立育英校農業科として設置され、わが国最大の農学系総合大学で、国内では「東京農大」、海外でも「NODAI」の愛称で呼ばれます。

硬式庭球部(創部:1904年11月25日)
2019年で115年の歴史と伝統のある部です。

2019.09.25

空港の案山子

DSC01503

先日、飛行機待ちで時間があったので少年の時以来に展望デッキに行ってみた。そこには今も子供たちが大勢いて、特に男の子のはしゃぎ様はいつの時代も一緒だなと、懐かしく感じた
1つ誰も座っていないベンチを見つけたのでスルスルと近づき座った。ふ~と一息つき、飛行機を追いながら晴れた青い空をボーと眺め、下に目を向けると双眼鏡があるではないか。コインボックスには100円の刻印、今も変わらない数字。
 
何の気なしに懐かしく見ていたら、だんだん人の表情に見えてきた。”ロボット見たい”だなと・・・。
この双眼鏡、僕には「空をキリっと見上げる管制官の様」に見えたので、格好いいな!とパシャリ。
そしてそこを後にした。
後で、この写真を見返してみたらその時の印象と変わって、空に背を向けどこか寂しそうに見えてきた。
皆さんにはどんな風に見えるでしょうか。
なんだか気になるので、また展望デッキの案山子に会いに行こうと思う。

2019.08.30

記者のシゴト

先日、新聞社の取材を受けた。
担当記者の個人差はあると思うが、今回の取材では記者さんの熱心な仕事ぶりに感心した。
私はどちらかと言うと自分の思いを言葉にする方だと思う。当然話が長くなる傾向がありときどき何を話していたか自分でも分からなくなる(笑。
限られた文字数で正確に読者に伝えなくてはならない新聞記事では、私の話しはさぞ扱いにくいだろうと思うが、今回取材してくれた記者さんは何度も会いに来てくれ、私が何を考えているのか聞き取ってくれた。
実際の建物も見学し施主からも聞取りをするなど熱心で丁寧な取材ぶりに感心しました。
記者の仕事とは、単に聞いた話をまとめるのではなく、記者自身が聞取りを通し読者に伝えたいと思った事を自分の言葉に置き換えなければならない。しかも正確に。
とても難しく責任のあるシゴトだ。
北海道建設新聞記事20190809-低画像

新聞に掲載された記事を読んで思うが、この次からは記事の通り話そうと思う。。。(笑

北海道建設新聞社/e-kensin/アウラ建築設計事務所
https://e-kensin.net/news/119848.html

2019.06.16

つながろう2019

IMG_3423

つながろう2019  始まりました

写真は今年の建築チームのお品。街を行く。
 

9年間で8回開催。

私たちは地下歩道空間が完成した当時から予算を頂き、札幌市やまちづくり会社、管理・防災・警備さんなどなど、関係部局と事前打合せを重ね、チカホという空間の新しい展示のカタチを模索・提案してきました。

今回で最後となりましたが私たちがいろいろな問題と向き合いながら何が出来たのか?

頂いた依頼にこたえる事が出来たのか?

「つながろう展」は終わりますが、新しい活動の始まりでもあります。

     

     ―つながろう2019 企画概要―

【表の顔】

絵画・染色・版画・造形・彫刻・デザイン・建築などに携わるさまざまなクリエイターが作品制作・会場構成を行う。

【裏の顔】

建築とクリエイターによって、チカホの新しい展示方法を模索・提案しています。

【2019テーマ】

「 終わりと始まり 」some ends for the beginning

【日時】

2019年6月15日(土) ~ 6月23日(日) 9日間 

10:00~19:00(最終日は17:00まで)

【場所】

地下歩行空間 (北1条イベントスペース(東)/area7~9)

【主催】

つながろう2019運営会議・ 札幌駅前通まちづくり株式会社 DSC01335DSC01325DSC01323DSC01320DSC01313DSC01309DSC01298DSC01278DSC01274

2019.04.01

【 aura activity/『ユークリッド幾何と非ユークリッド幾何』 】

本日、新しい年号が発表されましたね。
新しい年号は【 令 和 】  
実に良い響きだと思いました。

【 aura activity 】のご案内です。 
どなたでも楽しく参加して頂けますが、小さな事務所なので人数制限があります。
ご予約は電話かメールでお願い致します。

m104_hubble_lowres_jpg_11626

【 aura activity/『ユークリッド幾何と非ユークリッド幾何』 】
***************************************
● 演 題 : ユークリッド幾何と非ユークリッド幾何
 
● 概 要 : (文:前田さん)
中学・高校で学んだ幾何は、所謂、「Euclid幾何」で、「平行線の公理」と呼ばれる
「直線外の1点を通って元の直線に平行な直線が唯一つ存在する」のもと展開されましたが、
他の4つの公理から導かれる定理ではないかと考えられ、多くの研究者がこれに取り組みましたが、
全て失敗に終わりました。
19世紀に至り、ガウス、ロバチェフスキー、J.ボヤイが独立に、平行線公理は証明不可能であり、更に、
この公理を否定した、「直線外の1点を通って元の直線に平行な直線は少なくとも2本存在する」幾何学、
所謂、「非Euclid幾何」が成り立つのではないかという観点に到達しました。
 
この講演では、このEuclid幾何と非Euclid幾何にまつわる話をしたいと思います。
 
 
● 講 師 : 前田芳孝さん
 
● 開催日 : 2019年4月13(土)
● 時 間 : (開場 15:30~) ・勉強会 16:30~ ・懇親会 18:00頃~
 
● 場 所 : アウラ建築設計事務所(真駒内上町3丁目2-11-2F)
※こちらに地図があります→→http://aura.sapr.jp/dir/contact.htm
 
● 参加費 : 勉強会 無料 (懇親会は「持ち寄り会」を予定しています。参加費は検討中)
 
● 定 員 : 10名程度 事前にお申込み下さい
● お申込先: アウラ建築設計事務所
 
【前田芳孝さん略歴】
 昭和24年生まれ。
 北大で学び、そのままずーと北大で過ごし、平成25年3月退職。
 理学博士(専門はモジュラー形式の整数論)。
 現在は、「真駒内駅前のまちづくりを考える会」での活動の他、歌舞伎、文楽、狂言、能、
 コンサートの鑑賞、ヨガ、太極拳、歩好会で体力維持、まこまない盆踊り実行委員会に参加して
 楽しい日々を過ごしています。
*************************************** 

aura activity-前田さん1aura activity-前田さんピント前

2019.03.18

豊浦への移住

C42ADBC7-EE15-4B62-941E-9EB1ACE6510A

豊浦町に移住されるご家族の為の計画が進行中。
敷地は内浦湾を眺望できる緩やかな傾斜地。模型が完成したので車を走らせ伺って来た。

DSC01044-低解像度

豊浦町には特色ある教育を行う「いずみの学校」があり、その魅力に誘われ各地から移住される方が増えているらしい。
私のクライアントもシュタイナー教育の魅力にひかれ豊浦町へ移住する事となった。
 
シュタイナー教育の内容については下記HPを参照してください。
「学校法人北海道シュタイナー学園」が運営する「いずみの学校」
https://hokkaido-steiner.org/


 

87E1242C-D9CC-4817-A94B-CD2E529C6AC0

打合せの後、クライアントご家族と一緒に、以前同じ事務所に勤めていた大橋氏を訪ねた。 
大橋さんは「パーマカルチャー」の達人で、子供たちを前に飼っている鶏の話しを熱く語る様子は昔のままだ。
  
豊浦町は小さな町だが、シュタイナー教育、パーマカルチャーの達人、と興味深い生き方を選択している人を受け入れ、ホタテやイチゴといった特産物にも恵まれて、とても豊かな街だった。
私のふるさと新冠町で頑張っている人たちにも教えてあげたい。

「パーマカルチャー」とは:
人間にとっての持続可能な環境をつくりだす為のデザイン体系の事。


 

2019.02.20

取材の模様

先日、「Replan北海道 巻頭特集」の取材がありましたのでご紹介いたします。
IMG_3081-1-1

******************************************
『守る家』-社会との繋がりを守る-
 
どなたも健康な人生を送りたいと考えておられる事と思いますが、現実には多くの方が加齢により
足腰が不自由になってしまいます。それはご自身のみならず、友人や知人の方も同様であり、
若くして身体が不自由になる方も多くいらっしゃいます。
 
人生を豊かにおくる為に、身体が不自由になっても仕事など何かしら社会的関りを持ち続ける事は
大切な事ですが、そう言った意味からも住宅は社会との繋がりを「遮る壁」となってはならず、
安全に外出ができ、お客様が安心して訪問頂けるような住宅でなければなりません。
 
この度の住宅事例はそう言った考えを元に、室内のトイレや階段などが住み手の身体に配慮された
ものであることはもちろん、スロープや上框のレベル処理、除雪軽減を目的とした庇の設置など、
室内と屋外がアクセスフリーとなる様、配慮し設計しています。
 
この様な住宅を増やして行く事は、若い世代の為に良質な社会資産をストックする事となり、
安心で安全なコミュニティを育むことに繋がるものと考えております。
 
 
アウラ建築設計事務所/山下一寛
 

******************************************
IMG_3246

2019.02.01

大阪からの移住者さんの家-その後-引越し

ニセコに完成した住宅を訪問した際の写真をご紹介いたします。
完成したのはまだ雪深い季節だったのですが、撮影は昨年の初夏でした。
引越し作業が落ち着いていないのにも関わらず、写真やら取材やらわがままをお願いするしてしまいました。
写真は脇道から住宅まで伸びた一本道の奥の既存のガレージのさらに奥に見えるのが新築した住宅です。 

01

玄関にはベンチが置かれ、奥に見えるのは内玄関です。
02

玄関手前は娘さんのお家に繋がる渡り廊下があり、猫たちは自由にここを行き来しています。

まっすぐ奥の部屋は多目的室。お客様が来たときはコーナードアを開放し、リビングと一体的な空間として使用できます。

04

07

建物のイメージはニセコ連邦の山々です。
決して大きくありませんが、大屋根の下に広がる空間に山をイメージした壁。山頂に繋がる登山道。頂上には眼下を見下ろす展望台。このアイデアは諸問題から一時無くなりそうになりましたが、施主は何とか実現させてくれました。

手前に車椅子と階段が見えますが奥がお母さまの部屋です。敷地内で一番眺望の良い場所にお母さまのスペースとして寝室とキッチンを配置しています。階段はリハビリもかねてくれます。階段を登れなくなった時には手前の多目的室が新しい寝室になる予定です。
この様に高齢者対応と言ってどこもかしこも平らにすることはないと考えています。
時間の流れの中で住まい方は変わるものです。それは身体の状態だけではなく、気持ちや考え方、家族の母への思いもまた変化するものです。
難しい事ですが、深く考え、そして感じ、時間の変化も読み解く様な設計をしたいと思っています。
09

ニセコ連邦の山々が見えるキッチン
10

ロフトスペースですがここは山頂です。

山や木々、雲の隙間から太陽の光がリビングへと降り注ぎます。
 
今年の夏ころ、また伺ってみたいと思っています。

2019.01.01

2019年新年

EF7DF735-6DFA-4B97-B4B1-26664F88C5DD明けましておめでとうございます。旧年中は大変お世話になりました。

今年は札幌以外での仕事が多くなりそう。
一昨年、大阪からの移住者さんの住宅をニセコで設計してから地方での仕事が続いている。
昨年からのお仕事を大切に進めながらも新しい出会いを楽しみにこのお正月をゆっくり過ごしたいと思います。
 
新年が皆様にとって良い年になります様お祈り致します。 

Next »