«

2021.04.01

にぎやかな起工式

写真はご両親の住宅の隣に移住されてくる香港在住の施主がオンライン起工式を行った様子。

日本式の地鎮祭なら祭壇など儀式に必要なものを敷地の真ん中にさずけ、青竹や笹の挿してある砂山をその土地に見立て、施主、設計者、施工会社の3者でならし、「刈り初め」で設計者が鎌を持ち笹を刈り、次に「穿ち初め」で施主が鋤で砂をならし、最後に「土均」で施工者が鍬で砂をならします。 などなど地鎮祭には形やカタチがありますが今回は無し。。。ホントに何もないですが、讃美歌を2つ歌い牧師さんのお話しと祝福を受けました。

少し寂しい感じがしますが実はノートパソコンの中には香港の施主夫妻と長女さん、イギリスから次女さんがオンライン参加。まだほかの方もいらっしゃったと思いますがなんと国際的!地球が小さく感じます。これもコロナのサンブツでしょうか。
現場には牧師さんとご両親、大工さんと私の5人でしたがオンライン参加の皆さんを入れると10名近くになり、起工式が終わったあとはノートパソコンに向かっておしゃべりをしたり手を振ったり。写真の印象よりずっとにぎやかな起工式でした。

この経験は今後に生かしたい。
今までならできなかったことをパソコンや携帯電話が繋いでくれる。
飛行機でしか行けないような距離にいても同じ時間を共有できる時代になったんですね。

Trackback URL

Comment & Trackback

Comments are closed.

No comments.