« | »

2019.02.20

取材の模様

先日、「Replan北海道 巻頭特集」の取材がありましたのでご紹介いたします。
IMG_3081-1-1
******************************************

『守る家』-社会との繋がりを守る-
 
どなたも健康な人生を送りたいと考えておられる事と思いますが、現実には多くの方が加齢により
足腰が不自由になってしまいます。それはご自身のみならず、友人や知人の方も同様であり、
若くして身体が不自由になる方も多くいらっしゃいます。
 
人生を豊かにおくる為に、身体が不自由になっても仕事など何かしら社会的関りを持ち続ける事は
大切な事ですが、そう言った意味からも住宅は社会との繋がりを「遮る壁」となってはならず、
安全に外出ができ、お客様が安心して訪問頂けるような住宅でなければなりません。
 
この度の住宅事例はそう言った考えを元に、室内のトイレや階段などが住み手の身体に配慮された
ものであることはもちろん、スロープや上框のレベル処理、除雪軽減を目的とした庇の設置など、
室内と屋外がアクセスフリーとなる様、配慮し設計しています。
 
この様な住宅を増やして行く事は、若い世代の為に良質な社会資産をストックする事となり、
安心で安全なコミュニティを育むことに繋がるものと考えております。
 
 
アウラ建築設計事務所/山下一寛
 
******************************************
IMG_3246


Comment & Trackback

Comments and Trackback are closed.

No comments.