Home > まちづくり

2019.11.25

住宅づくり と まちづくり

真駒内に事務所を構えたのが2012年。17年が経過した。
東京から札幌に来て真駒内の街を始めて訪れた時に、子供が出来たらここに住もうと決めたほどこの街が好きになった。
幹線道路が真駒内の住宅街を通過していないので高速で街を流れる車が少ない。安全で落ち着いた環境となっている。その割に地下鉄駅やバスターミナルがあり移動には不便しない。不便どころか私自身はとても移動に便利な場所と思っている(それぞれ感じ方が違う様ですが)。豊平川の土手を自家用車で走れば大通りまで20分。
真駒内には区役所や区民センター、南郵便局と言ったサービス機能もしっかりある。
街中には用水路が流れ、遊歩道がいくつも通りをつないでいる。秋には紅葉が鮮やかに街を飾り、冬には子供をそりに乗せた親子が行く。

この街に住み22年ほど経ちお友達も増えた。

現在、真駒内駅前の再開発計画が進むんでいるが、住民の仲間たちは ”自分たちの街の事だから一緒に考えたい”
と言って「真駒内駅前のまちづくりを考える会」を立ち上げ活動している。

まちの事について喧々諤々。


時には酒を酌み交わし、お菓子を食べながらそれそれの思いを聞き、まちに対する思いや視点の違いを認め合いながら、関係を築いていこうとするエネルギーに感心する。



”まち”をフィールドワークとしている方やそこに住む方々から学ぶことは非常に多い。
特に私の仕事である住宅設計において、まちづくり活動は勉強の場であり実践の場だ。

まちに住む方はとても多様。遊びに夢中な子供たち、部活やオシャレ・恋に夢中な学生達、独身である事を楽しむ若い社会人、子育てに戸惑う若夫婦、子供たちの成長を楽しむおじ様おば様、残りの人生を豊かにしたいと願うおじいちゃんとおばあちゃん。
社会性からみるともっと複雑になる。社会サービスを受ける市民、仕組みを考える行政・・・・網の目の様に絡む企業サービス。

世代や男女の違いの多様性や、生きる為に必要な社会的仕組みを理解するのはとても難しいが、住宅を設計するなら街の営みや仕組みの実態を知るべきだ!。

住宅設計をシステマチックに、またはビジネスと捉えサクサクとこなそうと考えるならそれ自体間違えである。
設計者としてまちづくりに関わる事で得る経験はお金を払ってでも得る価値がある。
知識として学ぶことも必要だか、経験することでしか設計に反映出来ない事は多い。

2018.09.13

町医者的な建築士を目指して

地域交流

私の事務所がある真駒内では駅前地区が何年か後に変わろうとしている。
住民の方々の中にはこの機会に  ”自分達が住むまちの将来を考えよう”  
と勉強会などを重ねている方々がいくつかある。
私もその会の一つに参加している。

私が東京から北海道札幌に来て、真駒内という街に憧れ、
子供が生まれたのと同時に移り住み、
独立して建築事務所をこの真駒内に構えた。
その時から考えていた事だが、ここを拠点としたからにはこのまちの
”まち医者的な建築士”として皆さんに信頼される様なシゴトがしたいと
思い続けている。
実際に出来ているかは疑問だが、とにかくそう考えている。

独立から16年たち、地域での知り合いも増え、頼りにしてくれる方も増えてきた。 
今、真駒内が変わろうとしている中、自分に何が出来るのか自問自答しながらも、
地域の方々と楽しくも真剣に話し合える様になった。
たまに私の事務所が作戦会議(笑)の場になることもある。
使ってくれてありがとう!!うれしいです。

2017.07.26

真駒内駅前再生 いよいよ!!

建設新聞記事 (1)
真駒内駅前の再生を目指し、行政施設の再配置計画が動き出した。
真駒内を拠点にまちづくり活動を続けてきた私たち「まち班」では、この話題に特化したグループを立ち上げすでに活動を始めている。
興味のある方はアウラ建築設計事務所までご連絡ください。一緒に学び、考えましょう。

2015.10.31

真駒内を魅力的な場所にしていくための自主活動

私は南区のまちづくりについて考える「まち班」というグループに参加しています。
そこで企画した最新イベントをご紹介。

「まち班」とは・・・
札幌市立大学が取り組む「COCまちの先生の運営会議」をきっかけに集まった南区の住民や元住民からなるグループです。
南区や真駒内をもっと魅力的な場所にしていくために、自主的に活動しています。

********** まちの先生企画 ***************
(真駒内の将来のまちづくりを考える企画講座です)
http://coc.scu.ac.jp/info/2015/10/20151020326.html

―リノベーションやセルフビルドによる居場所づくり―
   
三木万裕子さん・佐藤圭さんは真駒内に在住の建築家ご夫妻。古い建物をリノベーション(改修)したり、使い手を巻き込んだセルフビルドによって、愛着がもてる居場所づくりに取り組まれています。
この講座では、三木さん・佐藤さんによるこれまでの活動紹介や彼らとのディスカッションを通じて、南区や真駒内における、これからのまちづくりを考えるうえでのヒントを得たいと思います。

日   時
 : 2015年11月7日(土)10:30~12:00
会   場  :
札幌市立大学COCキャンパス
         まちの学校 2階 A組まちの教室

まちの先生 : 三木万裕子、佐藤 圭

対 象
: まちづくりに興味のある方
参加費 :
無料

お問合わせ・お申込み:COC事務局
TEL:011-596-6675 FAX:011-596-6676 
Email:coc-office@jimu.scu.ac.jp 

2012.01.31

真駒内小学校 今春閉校

真駒内小学校は札幌オリンピック(1972年)開催の11年前、小学校のモデル建築として東京大学工学部の先生が設計し、全国的にも注目されるなか、1961年(昭和36年)に開校しました。
これまで約50年の間、地域と共に歩んできましたが、この春に閉校する事になりました。
 
真駒内では、地域住民の方々が閉校あとの利活用の方法を考えるている
真駒内小学校3

真駒内小学校2

2009.06.26

NPO法人 I & I  集住セミナー

70-1~集住セミナー2009のご案内~
このたび、NPO法人 I & I では集住セミナー2009と題し、都市の中で環境に配慮した住まい方を提案していくために不可欠な「集まって住むこと」に改めて注目して、誰もが自然と環境配慮型の住まいを選択できる仕組みをつくるために、ヒントときっかけをつかむための勉強会を4回シリーズで企画致しました。
1回目は「まちづくりの語り部」延藤安弘さんをお迎えし、普段、建築や不動産に携わっていらっしゃる専門家の方々や、実際に大家さんとして集住に関わっている方々を対象に、コレクティブハウジングの社会的意義をを通じて、具体的なプロジェクトのきっかけづくりに繋がるおはなしをして頂きます。
と き: 2009年7月11日(土) 17:30~19:30
ところ: かでる 2・7

今後の予定
2回目  ビオフォルム環境デザイン室の山田貴宏さんをお迎えして、畑のついたエコアパートの設計秘話や、実践していく上での苦労話を伺いつつ、札幌型エコアパートの可能性を探る。

NPO法人 I & I は、Inspiring=刺激する Initiatives=最初の一歩 という意味から市民活動の一歩を踏み出す、次のステップに移行しようとする個人やグループの応援団です。まちづくりに関する相談を受けたり、福祉や建築、環境等、さざざまなテーマの勉強会やワークショップも開催していく予定です。

2009.04.13

エコビレッジライフ体験塾がまもなく開講します

エコビレッジライフ体験塾のご案内

持続可能な農業、建築、経済、地域づくりなどを学ぶ通年の講座です。豪華講師陣をお招きし、座学と実習を組み合わせたプログラムとなっています。
・座学10回(札幌市内)と農業実習12回(長沼町ゆめみる農園&メノビレッジ)、その他特別実習6回(平取町他)
・定員 正会員12人 サポート会員20人
・応募 4月21日まで。
・開講 4月29日(祝)

興味のある方は事務局までお問い合わせください。説明書類一式をお送りします。
また、エコビレッジについてもう少し理解したい、詳しい話を聞きたいという方は下記のチャンスにご参加ください。

■4月18日(土) 10~15時 
場所: メノビレッジ(長沼町東6線北13番地)
内容: メノビレッジ代表レイモンドさんのお米の話と種まき見学。森の散策と白樺の樹液とり。

春の森からパワーをもらって稲の苗立てを始めます。エコネットワーク小川先生の協力で、午前中白樺の樹液を集めます。うまく集まればティータイムに甘くておいしい紅茶が飲めますよ。韓国ではこれを春に夜通し飲み冬の老廃物を出して健康になるとか。

○両日とも参加費1000円(手作りお菓子とお茶つき)、見学(無料)だけもできます。
○持ち物:ランチ、マイカップ、長靴、軍手、汚れてもいい服装。
○現地集合です。日にちによって開催場所が異なりますのでお間違いのないように。

○問い合わせ・申し込み 
「エコビレッジライフ体験塾」事務局 
坂本純科(090-1303-6485) junkasakamoto@gmail.com

2008.04.01

噂のラーメン屋

48-348-248-1

噂のラーメン屋にお越しの皆さま、わざわざ真駒内まで来て頂きありがとうございました。楽しかったですね。僕が多少大げさに宣伝したラーメンも皆さんから美味しいと言って頂きホッとしています。幻の「きんちゃくラーメン」も復活させ、お店を開放してくれた店長さん、ありがとうごさいます!!また、やりましょうね。迷惑かも(笑) 参加者は遠く富良野からエコエネルギースペシャリストと息子さん、江別から公務員さんとレクレーションワーカー、西区からWEB製作者とイラストレーターに建築家、北区から劇場コンサルタント、豊平・白石方面から建築家と電気技術者にOLさん(笑)、そして南区真駒内から地元パパとママ、ヒロキ、レンゾウとスタッフ。何だがごちゃ混ぜでどんな会話が成立したかは、不明!初めは多少緊張もあった様ですが、そこはヤマシタ選りすぐりの愉快な仲間達、5時から終電まで喋りっぱなしの楽しい時間でした。皆さん、わざわざ来てくれてありがとう!!真駒内は遠くないでしょっ!

2007.07.27

お祭り

8/15はアウラ祭りです。