Home > aura業務日誌

2020.12.03

師走のはじまり

コロナ禍の2020年が過ぎ、新しい年がすぐそこまで来ている。皆様にとって今年はどんな年でしたでしょうか。
アウラの仕事は振り返ると忙しい1年でした。年が始まったころは仕事を失いコロナの影響でどうなるかと心配しましたが、春には復活し夏には仕事に追われ秋には余裕がなくなりました。雪が積もり始めた今、木造とコンクリートで造る混構造のガレージ工事が始まり、寒さの中の現場監理に小樽まで行っています。
来年のお仕事は既に3つ進行中。コロナウィルスを警戒し皆様家にいる時間が多くなったせいか問い合わせも多い。面談はZoomを利用することがほとんどで私の仕事のスタイルも少し変化した。

変わったといえば事務所に仲間が1人加わり、仕事を覚えようと日々頑張っている。
中国出身で九州の大学のあと札幌の大学院で学び、私の仕事を手伝ってくれている。今日は建築士試験の合格発表があり見事に合格!!
コロナ禍で人の交流が遮断され、友人知人の皆様となかなかお会いできないでいますが、このコロナ禍を境に私の交友関係が大きく変わっていっていると感じる。
コロナだけが原因ではないが確かに変化している。ざっくり言えば建築関係からまちづくり関係へとシフトしている。建築関係は仕事上のつながりと言う面が大きいが、まちづくり関係の方々は「仲間」という言い方の方が近い感じがるす。
仲間たちは多種多様。年齢も高齢の方ばかりではなく、魅力的で優秀な若い方多い。そしてコロナの影響からZoomを利用した交流が普通で、交流の幅は道外はもちろん海外の方とも手軽にできる。コロナが過ぎ去りまた楽しく会えるようになった時、私の周りの顔がきっと変わっているだろう。
そういえば現在進んでいる設計の一つは香港のお客様。私たちが持っていた交流のモノサシは新しいものに変えなければならない。今までの「サンスケ」はもう小さすぎる。※サンスケ:建築士が設計の時に使う、複数の尺度で測れるモノサシのこと。

私の設計のスタイルも変わろうとしているのかもしれない?
新しい車いす住宅の設計を某組織事務所の若い建築士の2名と一緒に行うことが決まっている。
大手設計事務所にいると住宅の設計に携わることは少ないが、車いす住宅の設計に関わりたいと会社の許可を得てこのプロジェクトに参加してくれている。
私も新しいアイデアに出会えるかと、とても楽しみ!
クライアントは、仕事中の事故で行動が不自由となったが、後ろを向かず前をみて生きるポジティブな生き方に感銘を受ける。
彼をサポートしてくれる方々にも恵まれ、この度若くして自分らしい住宅を造ることとなった。必ず彼が言う”カッコいいイエ”を造って見せます!

施主から沢山のことを学び仕事ができることに感謝しつつ、残りの2020年と来年、その先も。
ベタではあるが人生の最後までこの仕事を続けられる様に頑張ろう。

2020.10.16

コロナ禍の秋2020

拝啓、皆様
健康をはじめ経済や教育、文化芸術やスポーツなどなど、人間社会は以前新型コロナウィルスにより止まった時間を取り戻そうと必死ですが、季節はいつもと変わらず流れていきます。事務所前の公園はすっかり秋模様。

私と言えば、いつもと変わらず忙しくしております。
今年の初旬は新型コロナウィルスへの心配から動揺が広がり、仕事が延期になったものもありましたが、春ころには問い合わせや依頼が続きました。今では仕事に追われ、まちづくり活動に時間がさけないほどです。
4ヶ月もの間、ブログをサボっていましたのも忙しさにかまけていたから”と言うことにさせて頂こうと考えています(^^)

最近はヨーロッパで2波・3波が来ている様でありますので、気を抜くことなくポジティブに進みたいと思うところです。

皆様も体調にはくれぐれも気を配り、いつまでも健康であります様、願っています。

2020/10/16 山下一寛

2020.06.19

【aura activity】連続講座<Zoom参加可能>/開催のご案内

『aura activity』開催のご案内を差し上げます。

現在もなお、新型コロナウイルスの感染拡大が懸念されるところではありますが、マスク着用などの対策を講じ、またZoomを利用したWEB会議形式を併用する事で開催する事といたしました。

今回は『家づくり』がテーマです。
---------------------------------
● 連続講座【家づくりを考える】<Zoom参加可能>
1回目テーマ : 『タイムマシーンで「未来の自分」を見てみませんか』

● 概 要 :
・住宅ローンの支払いだけでなく将来の支出も知ることが安心につながります。
・知らない事、情報が少ない事が不安につながります。(基本知識)
・後悔しないために、今知っておくこと。
・自分に合った住宅ローンの選び方。
・住宅ローンを組むことで得れるメリットは?
・楽しい家づくりをするためには…

損することも得することも、自分しだい!
約20年ハウスメーカーにいたFPが成功例も失敗例もすべて話します。

● 講 師 : 安藤伸司さん
● 聞き手 : 松永直人さん

● 開催日 : 2020年07月04日(土)
● 時 間 : (開場 13:30) ・講座 14:00~16:00 /アフターactivity 16:30~18:30(飲食可/参加自由)

● 場 所 : アウラ建築設計事務所(真駒内上町3丁目2-11-2F)

● 定 員 : 会場参加:10名程度/Zoom参加:制限なし
● 参加費 : 講座参加費<無料>

● 申込先: アウラ建築設計事務所(TEL:011-398-5541)
URL:http://aura.sapr.jp / Mail:yamashita-aura@sapr.jp

------------------------------------------
【安藤伸司さん略歴】
三井住友海上あいおい生命保険株式会社 北海道LC支社

建築学科卒業後にハウスメーカーに入社 設計部に配属、その後現場管理者を経て住宅営業10年 。
営業時に大きな買い物である住宅購入の際に将来も含めお金の不安がとても大きいと感じ、
ライフプランをすることで安心して楽しいお家の打ち合わせができ、安心して楽しい生活がおくれることが
大切だと思っております。
------------------------------------------
【松永直人さん略歴】
アポロ販売株式会社 総務部

札幌ソフトウェア専門学校卒業後に北海道電子計算センター(現:HDC)に入社。
某燃料元売会社のシステム導入担当業務を経て、その後アポロ販売に入社。
昭和時代では当たり前だった「紙・手書」のアナログ事務を、IT化へ移行する旗振り役となる。
最近ではサイボウズ社のkintone(キントーン)を活用した業務改善に取り組んでおり、
社外向けの勉強会(kintoneCafé)の運営を行っている。

自宅の設計をアウラ建築設計事務所にお願いし、車椅子対応住宅を新築する。

------------------------------------------

【会場参加の申込み】
・6/30(火)までにご参加のお申込みをお願いいたします。(氏名、メールアドレス)

【Zoom参加の申込み】
・6/30(火)までにご参加のお申込みをお願いいたします。(氏名、メールアドレス)
・7/02(木)、ご参加頂く為のURL(Zoom)を、メールアドレスに送信 いたします。

※ご参加頂く為にパソコンへのZoomインストール等は必要ありません。
------------------------------------------

2020.05.22

薪ストーブのある家

薪ストーブのある家の建築が進行中。可愛い写真が取れたのでUPいたします。

1

アウラ建築設計事務所/富川のイエ

実はいま、Webでライブの生放送を聞きながらBlogを書いています。以前住宅を設計させて頂いたシンガーの施主さんが、この度のコロナウィルスでライブ開催出来なくなり、Webでの生配信を始めた。いつも明るく前向きな彼女のことだから色々工夫しながら乗り超えてゆくのだろうと思う。

彼女と写真の住宅の施主は似ている所がある。それは、歳を重ねた親の為に子供や孫が協力し合い住宅を建てようとするところ。子や孫はいずれここに住むことを前提としているとはいえ、なかなか出来る事ではない。

それから、人を信じようとする力もまた共通している気がする。人を信じる力は自分自身を信じる力と同じだと思う。凛とした内面が表に現れとても清々しい方々だ。

この住宅も喜んでもらえるよう、私も自分の設計を信じてプロジェクトを前に進めよう!

2020.03.28

めるかーど訪問

2014年に完成した小樽市最上にある桜燻ベーコンで有名な「めるかーど」を訪ねて来た。
オーナー夫妻は相変わらずお話し上手。気持ちいいほどテンポよく来客を楽しませてくれる。

夫妻のお顔とモクモクと燻されるベーコンをイメージして出来あがった建物は,、6年経ったとは思えないほどきちっとっしていた。

めるかーど2020-1

アウラ建築設計事務所/めるかーど

 

 

めるかーど2020-2

2019.09.25

空港の案山子

DSC01503

先日、飛行機待ちで時間があったので少年の時以来に展望デッキに行ってみた。そこには今も子供たちが大勢いて、特に男の子のはしゃぎ様はいつの時代も一緒だなと、懐かしく感じた
1つ誰も座っていないベンチを見つけたのでスルスルと近づき座った。ふ~と一息つき、飛行機を追いながら晴れた青い空をボーと眺め、下に目を向けると双眼鏡があるではないか。コインボックスには100円の刻印、今も変わらない数字。
 
何の気なしに懐かしく見ていたら、だんだん人の表情に見えてきた。”ロボット見たい”だなと・・・。
この双眼鏡、僕には「空をキリっと見上げる管制官の様」に見えたので、格好いいな!とパシャリ。
そしてそこを後にした。
後で、この写真を見返してみたらその時の印象と変わって、空に背を向けどこか寂しそうに見えてきた。
皆さんにはどんな風に見えるでしょうか。
なんだか気になるので、また展望デッキの案山子に会いに行こうと思う。

2019.03.18

豊浦への移住

C42ADBC7-EE15-4B62-941E-9EB1ACE6510A

豊浦町に移住されるご家族の為の計画が進行中。
敷地は内浦湾を眺望できる緩やかな傾斜地。模型が完成したので車を走らせ伺って来た。

DSC01044-低解像度

豊浦町には特色ある教育を行う「いずみの学校」があり、その魅力に誘われ各地から移住される方が増えているらしい。
私のクライアントもシュタイナー教育の魅力にひかれ豊浦町へ移住する事となった。
 
シュタイナー教育の内容については下記HPを参照してください。
「学校法人北海道シュタイナー学園」が運営する「いずみの学校」
https://hokkaido-steiner.org/


 

87E1242C-D9CC-4817-A94B-CD2E529C6AC0

打合せの後、クライアントご家族と一緒に、以前同じ事務所に勤めていた大橋氏を訪ねた。 
大橋さんは「パーマカルチャー」の達人で、子供たちを前に飼っている鶏の話しを熱く語る様子は昔のままだ。
  
豊浦町は小さな町だが、シュタイナー教育、パーマカルチャーの達人、と興味深い生き方を選択している人を受け入れ、ホタテやイチゴといった特産物にも恵まれて、とても豊かな街だった。
私のふるさと新冠町で頑張っている人たちにも教えてあげたい。

「パーマカルチャー」とは:
人間にとっての持続可能な環境をつくりだす為のデザイン体系の事。


 

2019.02.01

大阪からの移住者さんの家-その後-引越し

ニセコに完成した住宅を訪問した際の写真をご紹介いたします。
完成したのはまだ雪深い季節だったのですが、撮影は昨年の初夏でした。
引越し作業が落ち着いていないのにも関わらず、写真やら取材やらわがままをお願いするしてしまいました。
写真は脇道から住宅まで伸びた一本道の奥の既存のガレージのさらに奥に見えるのが新築した住宅です。 

01

玄関にはベンチが置かれ、奥に見えるのは内玄関です。
02

玄関手前は娘さんのお家に繋がる渡り廊下があり、猫たちは自由にここを行き来しています。

まっすぐ奥の部屋は多目的室。お客様が来たときはコーナードアを開放し、リビングと一体的な空間として使用できます。

04

07

建物のイメージはニセコ連邦の山々です。
決して大きくありませんが、大屋根の下に広がる空間に山をイメージした壁。山頂に繋がる登山道。頂上には眼下を見下ろす展望台。このアイデアは諸問題から一時無くなりそうになりましたが、施主は何とか実現させてくれました。

手前に車椅子と階段が見えますが奥がお母さまの部屋です。敷地内で一番眺望の良い場所にお母さまのスペースとして寝室とキッチンを配置しています。階段はリハビリもかねてくれます。階段を登れなくなった時には手前の多目的室が新しい寝室になる予定です。
この様に高齢者対応と言ってどこもかしこも平らにすることはないと考えています。
時間の流れの中で住まい方は変わるものです。それは身体の状態だけではなく、気持ちや考え方、家族の母への思いもまた変化するものです。
難しい事ですが、深く考え、そして感じ、時間の変化も読み解く様な設計をしたいと思っています。
09

ニセコ連邦の山々が見えるキッチン
10

ロフトスペースですがここは山頂です。

山や木々、雲の隙間から太陽の光がリビングへと降り注ぎます。
 
今年の夏ころ、また伺ってみたいと思っています。

2018.11.29

Tokyo stay

B696B3AD-8B48-47D9-8EBB-C115C09F2546
先日、東京赤坂のこんな所に宿泊した。
いやはや見ての通り近未来的な雰囲気が漂う空間。
外観はガラス張りで外から中が丸見え。えっ大丈夫?と心配になるが海外の方など慣れた様子でなんの戸惑いもない様子。女性客も大勢。
地下にシャワールームも完備し、ビジネスマンの仮眠や休息にも使える様です。
赤坂と言えば、政治家さんが黒塗りの車で店先に横付けし、和服の女将が接客する超高級なイメージがあり、若僧は近寄れないと思っていたが、リーズナブルな店も多く、若者で街はいっぱいだ。

75E2038D-D43C-43D7-BB04-2B878F4C2E22

2018.11.01

山の手のガレージハウス

ガレージ-05


最近またカメラに懲り始めてしまった。


数年前に完成した「山の手のガレージハウス」施主がとてもカメラに詳しく先日伺った際に少し手ほどきを頂いた。
もともと好きだった”撮る”ことに再び夢中になり被写体を求めあれやこれや気になりだしてしまった。

皆様に見てもらえる様な写真が撮れましたらブログにUPいたします。

Next »